家族葬儀のセレモニーアート

手作りの家族葬儀を行うために。手から手へのお手伝い

少人数で故人との別れを存分に確保できる家族葬

家族葬で温かいお別れを

会葬人数に関わらず温かい家族葬でお別れをするお葬式が増えてきました。
このお葬式とは葬式の形態の一つで基本的に近親者のみで行う葬儀です。
密葬や火葬式と並び近年の葬儀法の代表格でもあります。

なぜ家族葬と呼ばれているのか?

故人と家族をごく少人数の会葬者によってつなぐことができます。
一般の会葬者への心遣いが必要ありません。
また故人との最後の別れを存分に確保できます。
このような理由から、この温かな葬儀に家族葬という名前が付きました。

家族葬が選ばれている理由

また新しい葬儀の形としてこのお葬式を選ぶ方が増えてきました。
選ぶ理由として、一般の会葬客に対して気づかいや対応に追われたくない、故人が高齢で友人知人が少ない、葬儀予算をあまりかけたくない故人の遺言や希望でこじんまりと行いたい、などが理由として挙げられています。
少人数となるので料理や返礼品な度のおもてなしの費用が軽減でき、あらかじめ明確な予算も建てられます。
追加料金が発生しにくい点もあり、その他にも大きな斎場を利用しなくてよいので経済的です。
気遣いなく故人とゆっくりとした時間が過ごせます。
一般的な葬式だと不慣れな点もあり、心身ともに疲労します。
またこのお葬式は小規模なので、費用は一般の葬儀の三分の一ほどで済みます。

バブル時代の反省を機に定着しました

祭壇やお棺を豪華にし、葬儀費用にお金をかける時代もありましたが、バブル景気がはじけてからも高額な葬儀を売り続けていたことがあり高さのあまり閉口する方が増えました。
家族葬はそのような時に提案されました。
今までの派手な葬式は辞めて、少人数でも心のこもった温かいお葬式の方が本当の意味での葬式ではないでしょうか。
故人の遺言でも、静かにひっそりと身内だけで行ってほしいなどの希望も増えてきています。
送る側もその方が心に残るのではないでしょうか。

手作りの葬儀記事一覧