家族葬儀のセレモニーアート

手作りの家族葬儀を行うために。手から手へのお手伝い

一般的な葬儀の準備や流れについて

家族を待つ葬儀の準備について

親しい家族がなくなってしまった時、誰もが悲しみにくれます。
でも、最も悲しみが大きい家族は悲しみにくれる間もなく、忙しさに追われることになります。
それは、通夜、お葬式を執り行わなければならないからです。

お通夜の段取りは喪主決めから

通常、通夜は、亡くなった翌日、翌々日には行われ、さらに通夜の翌日にお葬式が行われます。
そのため、亡くなったら悲しみに暮れる暇はなく、すぐに葬儀の準備に取り掛からなければなりません。
まず、準備で行うのが喪主決めです。
大体は配偶者か、長男が喪主になるのが一般的です。
そして、喪主が決まったら、お葬式や通夜を行う場所を決めたり、お経をあげてもらうお寺に連絡を決めて連絡をいれます。
そこから葬儀のプランを決めていくのが一般的な流れです。

葬儀はプランで決めていくのが基本です

お葬式の内容決めは、細かく値段設定が分かれており、決めるのが思った以上に大変です。
祭壇、会場の花、受付のセット、火葬場までの車やバスの手配、食事、お返し品などひとつひとつ決めていかなければいけません。
その選ぶプランによって、お葬式の費用も大きく変わってきます。
なるべく華やかに送り出してあげたいと思う気持ちはだれもがありますが、やはり、予算もありますので、一番は心のこもった葬儀をあげてあげることが大事です。
値段だけではないということを忘れないようにしてください。

葬儀費用の平均は200万円以上

そして、全国的なお葬式の平均的な金額は大体200万円台です。
香典などで一部を賄い、残りは家族で相談して支払うようにします。
斎場に支払うお金とは別に、お寺のほうにはお経をよんでもらったお金を包むようになるので、やはり、250万円程度はかかると思っておいたほうが良いです。
この通夜と葬式の後にも、初七日や四十九日、納骨など亡くなってから一年くらいは忙しい状態が続きます。
大切な人をしっかりと天国におくりだしてあげられるように、親族一同協力をして準備を進めていきましょう。

手作りの葬儀記事一覧