家族葬儀のセレモニーアート

手作りの家族葬儀を行うために。手から手へのお手伝い

家族葬の魅力と増加の理由

家族葬の魅力は小規模な式をあげられること

最近では、親族だけで葬儀を執り行う家族葬というものが増加しています。
この魅力は、日程の調整が容易であることや、小規模であるので準備にあまり時間を割く必要がないことです。
また、最近ではあまり参列者のいないような方も高齢化に伴って増加しています。
そのような場合にわざわざ大きな式場を借りる必要もありません。

家族葬にも種類があります。

一つ目は、専門の式場で行う方法です。
最近では、家族葬の需要の増加に伴い、専門の業者も増加しており、より身近な葬儀の方法の1つとしての地位を確立しつつあります。
二つ目は、斎場内で簡略的に執り行う方法です。
こちらは費用が火葬にかかる費用のみで可能であり、費用が抑えられます。

家族葬で感じられるデメリット

ただ、これらにはデメリットもあるといえます。
通常の葬儀であれば、お香典を参列者の方々から頂戴しますが、この場合にはそれがほとんどありません。
それゆえ、葬儀の費用が抑えられるとはいえ、費用が全額自己負担となってしまいます。
参列見込みのある友人や知人の多い故人の場合には、通常の葬儀を行い、お香典で葬儀費用をまかなうという方法のほうが費用を抑えられる場合があります。

家族葬への見方は、人によって異なります。

現代では人がそれぞれ自由な生き方をしており、それにともなって需要が多様化した結果、その変化に対応すべく葬儀の形式も変化しつつあるのです。
葬儀は故人のこの世での最後の大きなイベントであることも事実ですので、故人の生前の意思を最大限に尊重し、気持ちよくこの世を去ることのできるよう最善をつくすことが残された親族の最大限の努めであるように思います。
今後も様々な葬儀の方法が出てくることが想定されますが、それぞれ比較検討し、故人の最後を素晴らしいものにしてあげられると良いと思います。

手作りの葬儀記事一覧